小岩井農場

小岩井農場

前回の「お気に入りの写真でトップページスライドを作成」の続きです。

また新たに、
私の好きなスポットの写真を挿入したトップページスライドを作ってみました。

 

その中の一つの写真に選んだのが「小岩井農場の一本桜」。

小岩井農場は私が運転免許を取って初めて遠出した観光地です。
初の自力ドライブですね。

遠出と言ってもお隣の岩手県なので、
今となってはそう遠くない観光スポットですが。
免許取り立ての当時は果てしなく遠く感じたものです。
高速道路(東北自動車道)を走行するのも初めてでしたし、
運転するだけでも随分と緊張したのを思い出します。

お土産に買ったもの。
お昼に食べたナポリタンの味。
5月なのに夏の様な暑さだったこと。
宿泊した旅館で観たテレビ番組まで。
いろいろ覚えています。

幼少の頃に既に親に連れて来られていて、
その記憶はほとんど無いのに。
自分で運転して行った小岩井農場は、
鮮明に色々な事を記憶しています。

その遠出ドライブの中での極めつけの思い出は、
財布を無くしたことです。
たぶん何処かに落としたのだと思われ、
結局私の手元に戻ることありませんでした。
幸い運転免許は別にしていたものの、
クレジットカードや現金が入っていたので結構落ち込みました。

財布を無くすという最悪のシナリオまで付いても、
思い出としては楽しくて、
彩鮮やかな綺麗な思い出として記憶されています。

その様な良い思い出になる理由としては、
友人との初めてのドライブであった事だというのもありますが、
やっぱり小岩井農場そのものの魅力が一番だと思います。

牧草の緑や青空。
広い台地と岩手山。
白樺の並木。

それと、
そこはかとなく感じる異国情緒。
あまりに広大で近代的な建物などが目に入ってこないのと、
洋風の古いサイロや牛舎が今なお現役で使われているからでしょう。

春先から夏にかけて、
休日は本当にたくさんの人が訪れる岩手屈指の観光地です。

ジンギスカンや牛乳も人気で、
売店は長蛇の列になります。
それでもあれだけ広大だと、
人の居ない空間が沢山あって、
自分一人の楽しみ方を満喫できるのも、
小岩井農場の魅力だと思います。

 

 

ここからの写真は、
昨年の10月に私がスマホで撮った素人写真です。

 


小岩井農場はここから始まります。

この入口から、
観光地としての小岩井ファームのゲートまでは結構な距離があり、
その間に牛舎や洋風の古い事務所などが牧場の間に点在します。
一つの集落になっている区画もあり生活感も感じます。
中には校庭か野球グラウンドか何かの跡もあります。
昔学校があったどうかは定かではありませんが、
牧場で働く人たちのためのものだと思われます。
わたし個人的にはこのあたりに一番の魅力を感じます。

 

 


牧草と岩手山の風景。秋なのに芝生の色は新緑。

 


道標さえもノスタルジックに見えます。

 


外国にいる様です。

 


白樺と牧場のある風景。

 


風を遮る白樺の並木

 

今の季節は酷寒になる小岩井農場ですが、
冬のイルミネーションが行われているようです。
「銀河農場の夜」。今月28日までです。
もう少し早く気が付けばよかったです。

 

 

 

長くなりましたが。
小岩井農場の一本桜の写真を使ったスライドがこれです。

 

使用した風景写真はこれです。
①小岩井農場の一本桜
②初夏の蔵王(雲の上が絶景です)
③紅葉の蔵王
④やくらいガーデン

前回もお伝えしましたが、
写真はすべて、
写真好きのスタッフが自力で撮影してきたものです。
本人のオリジナル画像です。
ご興味のある方からのご意見をお待ちしております。

実際のサイズは横1000px 縦750px(ヘッダも含め)
画像の切り替え秒数は5秒です。

 

 

 

ご質問、ご要望などはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。