ホームページのことならHPおまかせ.comメニュー

レスポンシブデザイン

  1. HOME
  2. レスポンシブデザイン

レスポンシブWebデザインをブラウザでチェックしてみよう

PCでブラウザのウィンドウ幅を拡大・縮小すると、
サイズに合わせてデザインやレイアウトが変化する様子を
簡単に確認することが出来ます!!

「レスポンシブWebデザイン」とは、PC、タブレット、スマートフォンなど、様々なデバイスの画面サイズに対して、サイトのレイアウトやデザインを最適化し、ユーザーにストレスなく閲覧させる表示方法です。

いままでは、PCサイト用、タブレットサイト用、スマートフォンサイト用というように、デバイスごとのサイズにあわせたサイトを複数個制作していましたが、「レスポンシブWebデザイン」にすることによって1つのHTMLファイルでそれぞれのデバイスに最適化させることができ、メンテナンスや情報整理、データ管理が行いやすくなりました。

従来のサイト

従来のサイト
それぞれの端末に合わせて、HTMLファイルを
別々に用意しなければならない。

レスポンシブWebデザイン

レスポンシブWebデザイン
1つのHTMLファイルで
各デバイスに合わせて最適に表示する。

今パソコンでこのサイトを見ている場合、スマホで見た時、どのように表示されるか簡単に分かる方法があります。
このサイトも横幅に合わせて変化するように作られていますので、横幅を狭くするとレイアウトが変わります。
ブラウザの「元に戻す(縮小)」ボタンや右端をマウスでドラッグして、横のサイズを狭くしてみてください。
レイアウトが変わるのが確認できると思います。

レスポンシブWebデザイン

様々な種類のデバイスがリリースされており、今後はもっと増えると予想されます。
レスポンシブWebデザインでサイトを制作しておけば、これからの新しいデバイスに対しても最適化し表示しますので、新たに制作・開発する必要がなくなります。

これからの未来を見据えたサイト構築といえます。



お問い合わせ
お問い合わせ

pagetop