ホームページのことならHPおまかせ.comメニュー

なぜスマホサイトが必要なのか

  1. HOME
  2. なぜスマホサイトが必要なのか

スマホサイトは、PCサイトの2倍以上の集客力があります。
なぜスマホサイトが必要なのか

スマートフォンを所有している人のうち、利用者の91%がインターネットで地域情報を検索したことがあります。
また、毎日検索を利用する人は約70%にも達します。
スマートフォンを所有している人のほとんどが、毎日何かしらの検索をしていると言える結果です。

そのため、スマホユーザーにサイトを見てもらえるチャンスが多いのです。

たとえば、「焼肉」というキーワードの場合、パソコンでは約200万回、スマホでは約400万回と、実に2倍以上検索されているのです。

つまり、スマホ対応サイトにすることで、今の2倍以上の集客が見込めます。

スマートフォン市場の動向

急成長するスマートフォン市場

スマートフォンの普及率は2012頃から伸びを強め、現在も右肩上がりに伸ばしています。
2014年3月末の端末契約数に占めるスマートフォン契約数比率は約50%に達しました。
2019年3月末の端末契約数が1億4,529万件となり、うちスマートフォン契約数は1億300万件でスマートフォン契約比率は70.9%に達する見込みも出ています。

出典元:MM総研
http://www.m2ri.jp/index.php

スマートフォン契約数の推移・予測

スマートフォン利用者の行動

図はスマートフォンユーザーと携帯電話ユーザーのWEBサイト閲覧時間を比較したものです。
図から全体を通して、スマートフォンユーザーは携帯電話ユーザーの約3倍の閲覧時間を持っていることが分かります。

スマートフォンユーザーの1日の平均WEB閲覧時間は2時間49分とこちらも約3倍というデータも出ています。
閲覧されるサイトとしてはブログやSNSに次いで、検索サイト(ポータルサイト)が多く閲覧されています。

出典元:MM総研
http://www.m2ri.jp/index.php

スマートフォン/携帯電話ユーザーのサイトジャンル別Web閲覧時間

スマートフォンでの検索頻度

検索サイトが多く閲覧されていることはデータでも見て取れます。
図のデータは「スマートフォンでの検索頻度」を調査したものです。
調査ではユーザーの68%が「毎日検索する」と回答しました。
またスマホユーザーの91%が「地域情報を検索したことがある」という回答もあり、スマホユーザーの地域情報の検索頻度の高さが分かるデータとなっています。

出典元:Our Mobile Planet
http://think.withgoogle.com/mobileplanet/ja/

スマートフォンでの検索頻度

Googleモバイルフレンドリー対策

モバイルフレンドリーアップデート

2015年4月21日、Google検索ネットワークにおいて、「モバイルフレンドリーアップデート」が行われました。
これはスマホで閲覧した時の見やすさや使いやすさに配慮されているページの「掲載順位」を引き上げるという動きです。

Googleモバイルフレンドリー

アップデートの特徴

  • 携帯端末での検索の掲載順位にのみ影響する
  • 世界中のすべての言語で検索結果に影響する
  • ウェブサイト全体ではなく、個々のページが対象となる

レスポンシブデザインを推奨

さらに、GoogleのモバイルSEOガイドに 「Google では、デザインパターンとしてレスポンシブデザインを推奨しています」と明記されています。
この事からスマホ対応のサイトかどうかの有無により、Googleの検索結果に影響が出るのです。

スマホ対応サイトがないと…
スマホ対応サイトがない
PCサイトが表示されてとても見づらく、
すぐ逃げられてしまうので

『 集客できない 』

スマホ対応サイトがあると…
スマホ対応サイトがある
スマホ対応の見やすいデザインだと
しっかり見てくれるので

『 集客できる 』

お問い合わせ
お問い合わせ