カレンダー
2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

採集ブログ

スマホでストア作成
[ No. 29 ]

 最近、Yahooストア構築のご相談やお問合せが非常に増えています。
本当にありがたい事です。
これは昨年の10月に、
Yahooストアが月額システム利用料を無料にした事が要因になっていることは間違えありません。
単純には、ネットショップ出店のハードルが下がり、
新規出店者が一気に増加したという事だと思います。

このYahooストア利用料無料の反響として、
一説によると、昨年10月からの出店希望の数が既に9万件に達しているそうです。
優先順位を作り、
すでに大手ECモールに出店している事業者が先行して手続きを進めている状況と把握しています。
それでも数千件はオープン済みだそうです。

これも大きく捉えればYahooの緻密な戦略なのだと思いますが、
この様な状況になってくると、
今度は様々な階層の出店希望者が居ることが見えてきます。
例えば、
アイテム数を豊富に抱えて本格的に事業投資する事業者。
または、 ネットショップの可能性を肌で感じたい、試してみたいという人。
期間を限定して挑戦したいという人。

さらには、媒体端末。
PC層のほかに考えなくてはいけないのがスマホ層です。

ヘビー層(というかプロフェッショナル層)から ライト層(ビギナー層)まで。
すでにYahooでは契約のクラス分けを行っているようですが、
ライト層の位置づけで、
「スマートフォンでストア構築」できるプランが提供開始されました。
今のところは事業者限定の受付けの様です。

この情報は私たちもまだ浅いものなので、
もう少し詳しく把握が必要ですが、

「誰でも簡単に」
これが いよいよ現実化してきているという事だけは間違い無さそうです。

そうなったときに私たちは、 何をお客様に提供すれば喜ばれるのか。
もっともっと脳みそに汗をかかないといけなくなりそうです。

焦っても答えは出ません。
やはり今は、 出来る事をコツコツ継続する事が大事かなと思います。

まずは、
必要な情報を「しっかり」と「正確に」キャッチする事を心掛けていきたいです。

危険なパスワード
[ No. 28 ]

先日、たまたまですがCNNの記事を見たら。
2013年の「危険」なパスワードの上位リストが紹介されていました。

一昔前だと、
「パスワード」というものと無縁な環境の方も普通にいたと思いますが、 近年は個人・公用を含めてパスワードを持たない環境にするというのは非常に難しいし、 多分それは無理なのだと思います。

この危険リストを見ていると、
初めは「自分は大丈夫」。 といった感覚で見ていましたが、
次々と見ていくと、 「いかにも・・・、自分もやりそう」だなと思えてきました。

例えば、
昨年、危険ランキング1位は「123456」と発表されていました。
あくまで自分に置き換えたときですが、「ありえない」とも思えるし、 バタバタと急いで決めたときなどは「やりそう」とも思えます。
そして、このパスワードを持っている人はかなり多い事も予想できます。
ちなみに一昨年の1位は「password」だったそうです。

上位25位まで並べた今回の順位は、日本ではなく米国のものです。

改めて勉強になったのは、パスワードは世界共通言語だということです。
パスワードは本来、無造作に数字とアルファベットを意味なく並べるのが正道であり、
しっかりそれをやられている方もいると思います。
しかし、結構多そうなのが、自分の誕生日などに代表されますが、 いわゆる自分の環境からヒントを得たもので作られたパスワードです。
この傾向はどこの国でも同じなようです。
その例として、この様なものも載っていました。

「iloveyou」

「password1」
などです。

しかもこのパスワードはハッカーが最も好むものの代表格らしいです。

皆さんはどうでしょうか。

123456やpasswordのような「ノリ」のパスワード。
身に覚えはないでしょうか。

もう自分で忘れてしまって「お蔵入り」しているものも考えると、
私自身、かなり心当たりがあります。

この記事は、 米国のインターネットセキュリティ企業であるスプラッシュ・データという会社が、
独自調査し公表したもので、 「危険なパスワードの上位リスト」というものです。

もちろん目的はパスワードを盗まれる危険性を少しでも減らすためであり、
今回のリストに連なったものと同じもの、 もしくは似ているものは早急に破棄することを助言しています。

自分自身を良く知る人物が思いつくような、家族やペット、愛車、好きな映画等々。
これらを避けるように呼びかけているそうです。

これを、自分事として捉えるか、
それとも他人事として流してしまうか、
これは非常に重要な問題だなと思いました。

まずは、
忘れてしまっている「パスワード」を思い出す事から始めたいと思います。

検索キーワードランキング
[ No. 27 ]

 ホームページに総合的な力を付加するために、あらゆる工夫や仕掛けが必要になりますが、
やはり一番肝心な力と言えば、集客力、ホームページのアクセス数を稼ぐ力だと思います。
一言で言ってしまえば、
ターゲットとしている人たちにとって有効な情報が掲載されているか、
また、魅力的であるかという事になります。
これらは私たちにとって日々の積み重ね的な取り組みであり、
ある意味、「これで終わり」はない永遠のテーマとも言えるでしょう。

先日、Yahooの「2013検索キーワードランキング」というサイトを見ました。
非常に幅の広い範囲での「去年のトレンド」、
世の中の「感心ごと」などを伺い知ることが出来るので、
私は参考までに、忘れたころに見ておくようにしています。

今はやりの出来事や人物に結びつくキーワードを、ページ内に散りばめて集客を図る。
新しいサイトやブログを立ち上げた際には良く使われる手法だと思います。
この様な目的からすると非常に良い情報収集源ではないかと思います。

しかし私自身の場合ですが、
ブログ記事を更新したり、ホームページの更新をする際には、
いろいろな事を書きたくなるのですが、
出来るだけ予め決めたテーマから脱線しないように心掛け自分を強制している状態です。

ですので、あまりいろいろなものを見聞きするのはマイナス要因もあると考えています。
それでも、広い意味での情報収集は大切と考え敢えて見るようにしています。

 

去年のキーワードランキング。
総合ランキングをはじめ、スポーツ界、芸能、男女など様々なカテゴリでのランキングは参考になります。