カレンダー
2014年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

採集ブログ

問題解決能力
[ No. 46 ]

 Webデザイン・制作を仕事としている私たちですが、
その仕事の中で、何が最も重要なのか?
を考えてみました。

HTMLやCSSのコード書くことや、ファイアーワークスなどを駆使し、
デザインクオリティの高いグラフィックを作ったり。
これらが必要なのは当然のこととして、
更にスキル・知識を装備し続けなくてはいけないものだと思います。

それ以外に重要な要素として必要なのが、
問題解決能力ではないかと思います。

ホームページには、どのような業種であれ、
何らかの営業的な成果目標が存在します。

例えば、素晴らしいデザインのホームページを提供したとしても、
誰からも見てもらえない、反応がゼロでは本末転倒だし、
逆に、劣悪に見えるデザインであっても、しっかり集客でき、注文や問い合わせが
殺到するとしたら、こちらのホームページのほうが明らかに優秀と言えます。

やはり必要なのは、
「お客さんの成果目標に向けての問題解決」
という事になりますが、

この中には、
細分化すると、いろいろな種類の能力が必要となります。
1、 ヒアリング能力
2、 技術知識能力
3、 制作能力
4、 ディレクション能力(自社で開発できない場合、外注するケースなど)
5、 マーケティング知識(集客・アクセスアップには必須)

などではないでしょうか。

今回は、自分たちが何を学んでいかなくてはいけないか?
という観点で考えてみた事ですが、

これらの問題解決能力も、
誰かのタメ、人のタメにならないと意味のない事でもあります。

原点は、
人の役に立つ事。

このことを忘れないで、学んで行きたいと思います。

定番のトップページレイアウト
[ No. 45 ]

 定番と言えるかどうか疑問もありましたが、
いろいろなサイトを見てみると確かに、このレイアウトデザインを採用しているところ
が多くありました。

これはWEB Directors Manualというサイトの記事情報を見ての私の行動です。

記事の更新をやっている自分にとって、
オリジナル性や話題性、そして執筆力といった面で非常に参考になるので
取り上げました。

まずは、タイトル。
定番化するレイアウトという言葉に興味を抱き。

その中で著者は「水戸黄門型」と言っており、
さらに興味が湧きました。

詳しく見ていくと、
なぜこのレイアウトが好まれるのか、
どういう利点があるのかなど、
著者独自の考えが書かれています。

見た目が綺麗とか、スッキリしているとかだけではない、
採用される理由をシッカリ書かれており、
記事情報として価値の高いものに仕上がっていると思います。

そして見て(眺めて)終わりではなく、
自分の目で確かめたくなりました。

いつもは何気なく見ていたWebサイトでした。
多分、ブログ記事の更新に課題を感じている状態で見たので、
この様な視点で見れたのかもしれません。

誰にでも好んで読んでもらう。
という事よりも、ターゲットを絞った話題に注力。
という意味で非常に勉強になりました。

このサイトはWebに関する情報を幅広く掲載しており、
とてもためになるサイトです。
ご興味のある方は一度ご覧ください。
http://web-d.navigater.info/

WordPressとFacebook&ブログの連携
[ No. 44 ]

  以前にもここでご紹介した気仙沼雇用創造協議会様のWebサイト。
制作にはWordPressを使いCMS化し、パソコン向けサイトとスマホサイトを連動 させていることをご紹介しました。

ホームページが公開になったころは、
まだ運用がうまく回らず、
私どもで毎月更新する、企画物のコンテンツの原稿作成で目いっぱいでしたが、
最近では、新着情報などの日々の情報更新が問題なくこなせるようになられました。

CMS化したものなので、「簡単更新」と謳ってはいますが、
ご本業の傍らにしっかりと計画的に実行する事は簡単なことではありません。
ご担当者様の「努力」に感心しました。

その様な経緯から、
先ごろ、当初のご提案で計画していたFaceBookとブログも設置し、早速運用が開始されました。

今回のFB&ブログの目的は、ただ一つ「決めたターゲット」に向けて、
「その人が必要な情報を拡散」することです。

この団体様の名称からも解るように、 Webサイトの目的は、「気仙沼地域」の「雇用促進」です。
ですから、地域も限定されるわけです。

ホームページでは核になる情報を掲載し、

ブログでは、頻繁に開催しているセミナーの報告と紹介を。

FBでは、地元気仙沼の人たちから「いいね」をもらい、その人たちに向け、ホームページ&ブログでの更新情報を拡散しているのです。

まだまだ始まったばかりですが、 見事に歯車が噛み合いはじめました。

噛み合い始めた事により、
なにより「活気」が感じられるようになりました。

これからが本番です。 改善点や課題点のフォローも的確に行っていきたいと思います。

ご参考: <気仙沼雇用創造協議会オフィシャルサイト> http://www.kesennuma-koyou.jp/