カレンダー
2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

採集ブログ

お仕事メモ

 知らぬ間にwindows10にアップグレードされる件
[ No. 335 ]

googleの検索窓に、
ウィンドウズの頭文字である「W」と入れただけで、
上のほうにヒットしてくるwindows関係のページ。
その中でも上位にあるのは、
なんと、
「windows10勝手にアップロード」や、
「windows10アップロード回避」、
などというタイトルのページばかりです。

どうやら、
「今」の旬な話題は、
「windows10へのアップグレードがタダで出来る!」
では無くて、、
それの回避策や元に戻すお話し。
の様です。

本当に、
困っている人が多いみたいです。

確かに、
自分の身の回りの知人や、
お客さんから、
この話を良く聞きます。

勝手にアップグレードされてしまった・・・。
使いにくい。
という話しです。

最初にその話を聞いた時は、
まさか「勝手に」アップグレードされる訳がない。
と思いましたが、
自分のパソコンでも、
アップグレードの窓が出てきて、
放っておいたら勝手にバックアップが開始されそうになりました。
怖いですネ。
ボウッとしていられません。

誤解を招くといけないのでここで書いておきますが、
windows10はとても便利で快適です。
例えば、
起動時間が劇的に速くなったり、
「Cortana」というiphoneでいう「siri」の様な、
音声対話ができる機能があったりして便利な面も沢山あるのです。

個人的に一番良いと思っているところは、
windows8の解りにくいインターフェイスや引き出しを、
7に近いものに戻しているところです。
自分のノートパソコンは、
制作編集などのアプリは入れていない事から、
既にwindows10にしていてとても快適です。

ただし、
多くのアプリケーションでは、
まだ10には対応していない事もあって、
制作や編集用のパソコンは、
アップグレードの際は注意が必要です。

会計ソフトや、
基幹ソフトなどを利用している場合も同様ですね。

最悪の場合、
起動しなくなったり、
突然フリーズを起こしたりして仕事にならないのデス。
そういう訳で、
うちの制作現場でも、
Web制作やDTP制作のパソコンはまだアップグレードをしていません。

もしも、
知らぬ間にアップグレードになってしまった。
という場合は、
ウィンドウズメニューから、
簡単に元の戻せるらしいので、
慌てないで対処しましょう。

そこで、

ネット上で、
「予めアップグレードを回避する方法」を調べて、
やってみました。

こんな流れで簡単にできましたので紹介します。

お間違えの無い様に・・・。
これは、
元に戻すやり方では無くて、
予め「回避する方法」です。

1、ウィンドウズメニュー
検索の窓があります。
20160524_p1

そこに、
「ファイル名を指定して実行」と入力すると。

2、右側にこの様な画面が出てきます。
20160524_p2

3、ファイル名を指定して実行のところを押すと、
この様なポップアップが出てきます。
20160524_p3

名前のところに、
「regedit」と入力する。

4、そうすると、
「レジストリエディター」というものが開きます。
20160524_p4

その中の「WindowsUpdate」というホルダーを押すと、
右側に「DisableOSup…」というアイコンが出てきます。

5、「DisableOSup…」を右クリックして、
「修正」を選択します。
20160524_p5

6、DWORD(32ビット)値の編集というポップアップが出て来るので、
「値のデータ」のところに「1」と入力して完了です。
20160524_p6

最後に、
再起動が必要な様です。

ここが「0」になっているとアップグレードが開始されるそうです。

という事は、
元からの設定で自動アップグレードの状態になっている。
という事。
要注意ですネ。

「知らないうちにアップグレードしていたんダヨ!」。
「本当に何もしていないんダヨな」。

そんな話を聞いて、
まさかそんな訳は無いヨ。
初めはそう思いましたが。

本当の話しだったのです。

ウィンドウズのコマンドで、
そういう風に設定されているのだから、
何もしなかったら自動でアップグレードされる。
間違いない事実です。

自分でやってみて理解できた「事実」でした。

かなり大雑把な解説でしたが 笑
困っている人はお試しください。



この記事のコメント

コメントを読む

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する


コメント内容