カレンダー
2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

採集ブログ

お仕事メモ

 伝わるコンテンツを目指して
[ No. 338 ]

2週間ぶりの更新になってしまいました。

その間、
この日記ブログの今後の方向性であったり、
目的であったり、
少々頭の中を整理をしていました。

文章を書くコトと、
言葉で話すコト。

どちらも誰かに何かをを伝え手段なのですが、
自分はどっちも不得手な方。
こういう能力には、
年齢や、
実務経験はまったく関係無いものです。

自分よりも年齢が半分くらいの、
若い人のほうが、
簡潔で、
実に解りやすい文章を書く人が沢山居る様な気がします。

ちょっと悔しいですね。

そういう事を克服するのも、
このブログ記事を書き始めた理由の一つでした。

会社の朝礼や会議、
はたまたお客さんからの質問など・・・。
どういう場面でも、
付け焼刃的に「何かを喋る」のは、
何とか出来そうな気がします。

しかし、
それだと、
塾考して話していないから、
聞いている人に伝わらない。
話した自分も、
何をじゃべったか覚えてもいない。
というのが自分の常です。

テキストにすれば、
何度でも読み返しが可能なのですが、
ダラダラ長かったり、
何が言いたいか解らない支離滅裂な文章では、
誰にも読んでもらえませんね。

そして文章は、
その出来栄えの良し悪しに関係なく後々に残ります。
怖いです。

ホームページの制作を仕事にしている自分たちにとって、
「考えを伝える」ことほど難しい「仕事」は無いと思っています。

伝えるために「テキスト」にしたり、
ビジュアルにしたりします。
お話の順番なども重要でしょう。
場合によっては、
動画やアニメーションを利用したりもします。

それらを一まとめにしたものが、
いわゆる、
「Webデザイン」と呼ばれるものである。
自分はそう考えます。
一般的には「コンテンツ」とも表現されるでしょう。

だから、
どんなに時間をかけて綺麗なモノを作っても、
「伝わらなかったら」本末転倒なのだと思います。

そういう訳で、
この「マネージャー日記」も、
単なる「ブログ記事」から、
伝わる「コンテンツ」を目指して、
学習しつつ、継続していこうと思います。。

と言いながらも・・・。
既に「何が言いたいのかが解らない」、
文章表現が繰り広げられていますネ。
毎度の事です・・・。

最近では、
お客様や知り合いのかたで、
このブログを読んでくれている人が、
現れ始めました。

読んでくれるなんて、
嘘や社交辞令であっても有りがたいです。

それだけでも、
自分にとっては、
強烈な「続ける理由」になります。

さらに、
社内の人(この場合上司が良い)や、
家族に読んでもらうと、
とても耳が痛みますが、
とても良い薬になる指摘が貰えます。

「何が言いたいのか解らない」
「趣旨が曖昧だ」
「前置きが長い」
などといった、
ストレートな指摘を受けるのです。

どれもこれも、
書かなかったら指摘も無く、
何も起きない訳で、
少なからず、
自分のためにはなっている事だけは確かです。

これからは、
読んだ人のためになる様に頑張ります!

以上、
今日は「伝わるコンテンツ」へ向けての抱負でした 笑

もう一つ、別な話題です。

近頃、
気になっていた、
「ふるさと納税」についてです。

今までは、
漠然としてよく解りませんでした。

関係するホームページを見ていくと、
かなり贅沢な地場産品を、
お得な対価で手にすることが出来るのに驚きました。

詳しくは把握できていませんが、
2008年あたりから始まったもので、
全国の自治体の中で、
応援したいところに、
誰でも「寄付金」を贈る事が出来る。

そのお礼として、
自治体から「名産品」などがもらえる。
という仕組み。

今では、
参加者約10万人、
140億円以上の寄付金が動いているのだそうです。

なぜ、良いものを安価で手にできるのか?
というと、

確定申告をすることで、
納税額のうち2,000円を超える費用は、
所得税と住民税から控除されるとの事。

総務省の、
ふるさと納税ポータルサイトで、
その仕組みが詳しくガイドされています。
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html
furusato_hp1

楽天市場サイトのほか、
多くのECサイトでは、
名産品を選んで寄付金を贈る仕組みが提供されています。

解りやすいと思ったサイトはコレです。
「ふるさとチョイス」
http://www.furusato-tax.jp/
furusato_hp2

ここのホームページでは、
地域からチョイスしたり、
商品からチョイスしたりと、
とても解りやすく、
「ふるさと納税」への参画をバックアップしています。

中には、
地域の名産品だけではなく、
地域活性プロジェクトのオーナーの権利を40万円で。
などというものあり、
もはやクラウドファウンディングに近いものの様に思えました。

寄付金に対しての「控除額」も、
予め試算できるようになっています。

この控除額を、
ちょっと調べてみました。

モノや住んでいる場所、
その人の年収などによって変動はありますが、
寄付金が、
約2万円くらいまでのお礼商品なら、
自己負担は2,000円で収まる感じでしょうか。
例えば、
2万円程度の「地酒セット」が2千円ですから、
お得感はかなり高い訳ですネ。



この記事のコメント

コメントを読む

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する


コメント内容