カレンダー
2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

採集ブログ

お仕事メモ

 キーワードとクエリ。どう違う?
[ No. 339 ]

表題の言葉は、
先日、お客さんから質問されたものでした。

その時は、
何とかお答えしました。

しかし・・・。
正直なところ、
答えに自信がありませんでした。

こういうケースでは、
決して適当な受け答えでは無いにしても、
言葉では何とでも「喋る」事が出来るものです。

それだけに、
本当にその通りだったのか自信もないし、
後から、
どのように説明したかも記憶が曖昧なのです。

今日は、
「検索キーワード」と「検索クエリ」という言葉の意味を、
改めて調べなおしてみました。

自分の場合は普段、
検索結果としての語句も、
検索の時に入力する語句も、
ごちゃごちゃにし、
一括りで「検索キーワード」と言ってしまっています。

キチンと理解出来ていない結果ですね。

それなので、
聞いているお客さんも迷うのデス。

正確には、

検索するときに入力する語句・フレーズの事を「検索クエリ」と呼びます。

この「クエリ」という言葉の日本語訳を、
辞書で調べると、
「質問」、「指示」などという意味でした。

一方、

ホームページの管理者や広告主が、
検索結果に自分のページや広告を表示するために、
狙って設定するものが「検索キーワード」である。

というのが正確な答えだと思います。

自分で考えたキーワードで、
みごとに検索して表示させた人が現れた場合、
狙い通りの結果を導き出した。
という事になる訳ですね。

ただし、
大事なのはここから先の結果で、
クリックして自分のページに流入させるのが目的です。

検索クエリは、
どちらかと言うと、
googleアナリティクスや、
サーチコンソールなどで「裏側」の解析に使われる言葉であって、
ユーザーが日常的に使う言葉では無いかもしれません。

しかし最近では、
自分たちのお客さんの中でも、
googleアナリティクスを利用し始めたり、
ご自分でアドワーズ広告を出されている人も増えてきています。

自分のサイトが、
1、どんな言葉で検索されているのか?
2、何回(何人)表示されたのか?
3、そのうち何回(何人)クリックしてページに来てくれたのか?
4、その結果は狙い通りなのか?自然現象なのか?

これらを考えるための指針として利用されているのが、
「クリック率」という考え方ですね。

クリック数÷表示回数=クリック率
の計算式で求めます。

表示回数が100以上なのに、
クリック数が0であったら、
0は0なので意味がありませんが・・・。

逆に、
表示回数が5しかないが、
クリック数が3であった場合はどう考えれば良いのか。

計算式に当てはめれば、
クリック率は0.6%という事になります。
この数字が、多いか少ないか?
これは難しい判断です。
しかし、
一般的な新規反応率で考えると、
とても良い数字になりますね。

あとは、
趣味のページであれ、
ビジネス目的のページであれ、
どんなホームページでも必ず目的があると思います。

例えば、
問い合わせや資料請求の申し込みを増やしたい。
とか、
商品を販売したい。
会員登録を増やしたい。
仲間を増やしたい。

等々。

そこに向けて、
その人の企画や、
考え方次第でいろいろな結果が出るのだと思います。

自分たちの仕事は、
お客さんのホームページを制作するのが中心です。
その中で、
とても重要になって来るのが、
クリックしてページに訪問してもらい、
如何にそのページをしっかり読んでもらうか。です。

そのために、
良いキーワードや、
伝わる文章を考えるのも仕事になるのですが、
それは、
そんなに簡単ではありませんね。

やはり、
日々の学びしかない様な気がします。

サーチコンソール

以上。
検索クエリとキーワードについてでした。



この記事のコメント

コメントを読む

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する


コメント内容