カレンダー
2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

採集ブログ

珍しいものメモ

 資福寺の紫陽花
[ No. 345 ]

 紫陽花にも開花宣言があることを知りました。

仙台の紫陽花が開花宣言されたと聞き、資福寺へ足を運んでみました。

休日なので混雑を覚悟しましたが、
カメラを抱えた人が多くもなく少なくもなくといった感じで、
風情も保たれ、丁度良い雰囲気でした。

紫陽花を観るためだけに、
こんなに時間をかけて散策したのは初めてです。
写真撮りの人たちのシャッター音以外は何も聞こえない。
とても静かで時間が止まった様な空気感でした。

photo_4087
昔から変わらない小道。

photo_4082
境内の中からシャッター音が聞こえてきます。
結構離れた場所なのに、
こちらまで聞こえるほど辺りは静か。

さっそく私も散策しながら撮ります。
photo_4083

photo_4084
お寺の門と紫陽花がとてもマッチします。

photo_4086
とても静かです。

photo_4090
石畳の傾斜と紫陽花。
資福寺を象徴するアングルですね。

photo_4089
すれ違う人たちと小声でご挨拶。皆さんカメラ片手です。
アングルに入りこまないためにお互い心遣いが生まれます。

photo_4094
ところで、これを書くために紫陽花のことをネットで少し調べてみました。

花の色は「土」の質によって変わるということを知りました。
酸性の土壌では青みがかった紫色に。
アルカリ性の土だと赤みがかった紫になるんですね。
photo_4088

私には酸性とアルカリ性の土壌がどう違うのかが解りませんが、
花の色が違う理由を知っただけで、
紫陽花の見かたがちょっと変わった気がします。

photo_4096
ここの紫陽花はすべて綺麗な青紫色だったと思います。

ここ資福寺は中学生時代に良く遊んだ場所でもあります。
(かれこれ35年も前になります)

そのころの私は紫陽花などまったく関心が無かったと思いますが、
この歳になって訪れてみて初めてこのお寺の良さが解りました。

IMG_0455
懐かしい。

お寺の裏道や輪王寺からの小路は昔のまま変わっていませんでした。
そのころの事を思い出しながらの心地よいひと時となりました。

資福寺の裏のほうを登っていくと、
住宅があり、眼下に荒巻の町が見渡せます。
photo_4081

IMG_0442
こんなに狭かったかな?とも感じましたが。

IMG_0444
やっぱりその頃とほとんど変わっていません。
私自身が変わったのと、記憶が曖昧なだけなのです。

採集日記でした。



この記事のコメント

コメントを読む

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する


コメント内容