カレンダー
2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

採集ブログ

資福寺の紫陽花
[ No. 345 ]

 紫陽花にも開花宣言があることを知りました。

仙台の紫陽花が開花宣言されたと聞き、資福寺へ足を運んでみました。

休日なので混雑を覚悟しましたが、
カメラを抱えた人が多くもなく少なくもなくといった感じで、
風情も保たれ、丁度良い雰囲気でした。

紫陽花を観るためだけに、
こんなに時間をかけて散策したのは初めてです。
写真撮りの人たちのシャッター音以外は何も聞こえない。
とても静かで時間が止まった様な空気感でした。

photo_4087
昔から変わらない小道。

photo_4082
境内の中からシャッター音が聞こえてきます。
結構離れた場所なのに、
こちらまで聞こえるほど辺りは静か。

さっそく私も散策しながら撮ります。
photo_4083

photo_4084
お寺の門と紫陽花がとてもマッチします。

photo_4086
とても静かです。

photo_4090
石畳の傾斜と紫陽花。
資福寺を象徴するアングルですね。

photo_4089
すれ違う人たちと小声でご挨拶。皆さんカメラ片手です。
アングルに入りこまないためにお互い心遣いが生まれます。

photo_4094
ところで、これを書くために紫陽花のことをネットで少し調べてみました。

花の色は「土」の質によって変わるということを知りました。
酸性の土壌では青みがかった紫色に。
アルカリ性の土だと赤みがかった紫になるんですね。
photo_4088

私には酸性とアルカリ性の土壌がどう違うのかが解りませんが、
花の色が違う理由を知っただけで、
紫陽花の見かたがちょっと変わった気がします。

photo_4096
ここの紫陽花はすべて綺麗な青紫色だったと思います。

ここ資福寺は中学生時代に良く遊んだ場所でもあります。
(かれこれ35年も前になります)

そのころの私は紫陽花などまったく関心が無かったと思いますが、
この歳になって訪れてみて初めてこのお寺の良さが解りました。

IMG_0455
懐かしい。

お寺の裏道や輪王寺からの小路は昔のまま変わっていませんでした。
そのころの事を思い出しながらの心地よいひと時となりました。

資福寺の裏のほうを登っていくと、
住宅があり、眼下に荒巻の町が見渡せます。
photo_4081

IMG_0442
こんなに狭かったかな?とも感じましたが。

IMG_0444
やっぱりその頃とほとんど変わっていません。
私自身が変わったのと、記憶が曖昧なだけなのです。

採集日記でした。




この記事のコメント

コメントを読む

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する


コメント内容

塩釜北浜の「堀」を散策
[ No. 344 ]

 塩釜の観光といえば、
塩釜神社を中心とした昭和遺産っぽい街並みや、
マリンゲート塩釜、仲卸市場などがあげられると思います。
海産物やお寿司も美味しい。
たまに足を運びたくなる場所です。

でも本当に自分が好きなのは、
脇のほうにひっそりある、
生活感漂う街並みのほうだ。というのに最近気が付きました。
塩釜の裏路地的なところには昭和っぽい風景が残っていて、
レトロ好きな人に自慢したくなるのです。

塩釜という町は、
小さな遺産っぽいエリアが各所に散らばって残っていて、
散策するたびに発見があり楽しい。仙台には無い楽しさがある。
今回は塩釜の北浜という地区の「堀」を散策してみた。

IMG_1652
街路樹が「柳」なのが特徴的で良い。
道路の向こうに「堀」が見える。行ってみます。

IMG_1643
車の往来も少なく静か。

IMG_1645
釣り竿をたらしたくなるロケーション。

IMG_1660
地元の人に尋ねたら実際にハゼとか釣れるそうです。
「でも俺はここではやらない、あっちの海でやる」と言っていました。
当然ですね。しかしもったいない環境。

IMG_1657
このような町・住・川・海が共存した風景。
仙台や他の沿岸地域においては少なくなってしまいました。

IMG_1644
黄色いしっくいの建物はフレンチレストラン。
川辺で食事ができるようになっていました。一度来たい。

IMG_1656
小さい橋が幾つかありますが車は通れない。それが静けさの訳です。

IMG_1661
遠くからガタンゴトンと聞こえてきます。
架橋を仙石線列車が走っています。心地よい音だ。

堀の裏路地を少し覗いてみる。
あまりの静かさにスマホのシャッター音が響いて恥ずかしい。

IMG_1647
歩いているとこういう昭和遺産っぽいものが、普通に目の前に表れるのが塩釜。

IMG_1651
ちょっと奥に歩みを進めるとバンバン出てきます。こいう建物が。

IMG_1648
有名どころの「丹六園」さん。足が止まる。何回見ても飽きないです。

IMG_1649
地味に佇んでいますが、街灯もかっこいいです。

IMG_1664
こういう一画も見逃したくない。

IMG_1663
今日はお休みか。
やっていたら確実に入りたくなる佇まいを持つラーメン屋さん。

今回散策した場所は塩釜のほんの小さいエリアですが、
こういうのが好きな人にとっては堪らない場所ではないかと思います。

今度は電車でぶらぶらと来てみたいと思います。

話題は変わりますが、
ぼーっと散策していると、
頭の中で昨日の「疑問」がぐるぐるリピート再生します。

何かに没頭していると、
無意識に思い出して思考してしまう。
こういう事ありませんか?

お仕事では特に、
その場ですぐに納得がいかない事もよくある。
かといって考えすぎても良い方向に向かいそうも無い。
そういう時に好きなことやるのも有りなのかも知れません。

一泊おいて、
今日散策しながらフラットに思考したら次のアクセルの踏み方が見えた様な気がしました。


塩釜の北浜地区はこの辺です。

 

採集日記でした。




この記事のコメント

コメントを読む

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する


コメント内容

夏と秋の境目
[ No. 343 ]

 会社の仲間の結婚式から始まった先週。
確か結婚式の当日は、
気温36度を記録したと思います。
仙台では珍しい気温です。

結婚式
おめでとう!!
とても良い結婚式でした♪

先週は夏から秋への移り変わりが、
手に取るような気候変動でしたね。

週の初めは、
登米のお客さんに訪問。
まだまだ暑く、
じゃんじゃん泣き続ける蝉くんたちが、
その体感の暑さを倍増させていました。

登米の田んぼ
田園2

稲の香りがまだ「夏」です。

田園1
そして素晴らしい田園風景。
なぜかホッとするほど好きな風景です。

そして、

先週末は会社の行事でビアパーティがありました。

ビア

藤崎屋上のビアガーデンでやる予定でしたが、
雨のため屋内に変更になりました。

飲み会1

先週の始まりまでは、
暑い暑いと口癖になるような日々が続きましたが、、、

気が付けば最近は、
台風などの影響なのでしょう、
少し肌寒い感じになっていたので、
屋内に変更して良かったのかなと思います。

やっぱり百貨店屋上のビアガーデンに行きたかったなと、
少し残念です。

まあしかし、、、
飲めれば何処でも良い。というのもありますね^^
飲み会2

8月ももうすぐ終わりです。
あっという間に月末突入。
来週に向けて英気を養える、
楽しいひと時でした。

毎年ですが、
夏と秋の境目は、
注意が必要な気候になりますね。
これを書いている今日も、
また新しい「台風」が出現してきています。

明日は大荒れになる予報です。

気を付けましょう。




この記事のコメント

コメントを読む

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する


コメント内容