カレンダー
2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

採集ブログ

言葉は簡単なほうが良い
[ No. 336 ]

koboスタの年間シートのチケット。

チケット
会社で購入してくれていて、
社員もみんなで、
順番に観戦できるのです。

こういう流れだと必然的に、
この人が行くと「勝つ」。
この人が行くと「負ける」。
というジンクスみたいなものが発生し、
観戦するだけなのに、
妙な「プレッシャー」が掛かって来たります。

残念ながら自分はここ3年の間、
現地で勝ち試合を観ていません 涙
だから、
自分が行くとかなりの高確率で負ける展開になります。

ちなみに、
本日は自分の番ではないのでご心配なく。

今日行ったら逆効果で連敗が止まりそうな気もします^^

昨日までで、
我らがイーグルスは9連敗中ですね。悔
悔しいのを通り越し、
悲しくなってきているのは自分だけでしょうか。

我々ファンがこれだけ悔しいのだから、
監督や選手たちの心中を察すると、
トラウマになりはしないかと、
少し心配になりますね。

でも闘うしかないのだから。上を向いて欲しい!
諦めないで勝ちを取りに行って欲しいモノです。

頑張れ!

そして今日はホームゲームでファイターズ戦。
今夜観戦に行くのはM君です。

さあ!連敗ストッパーになれるか!?

今日は、
仕事はいいから応援を頑張れ!! 笑

さて、
前置きが長くなりました。

本題です。

畑違いの人から、
自分の仕事についての客観的な意見を聞くと、
とても良い「気づき」が得られる時があります。

畑違いの人とは、
お客様である場合がほとんどです。

隣の畑は「緑」に見える。
という捉え方も出来るのですが・・・。

その人(その会社さん)は、
普段、どんなミーティングをしているのか?
その人の上司はどんな人なのだろうか?
など、
案件の打ち合わせだけで無く、
そういう話も聞けると、
とても新鮮な刺激になるのです。

自分より年齢が若い人の意見であれば、
なおさら注意を払って、
積極的に聞き入れたほうが良いと思っています。

そんなの解っている。
自分は言われなくても大丈夫だ。
そんな事やってもダメだ。無理だ。

と、
思っているつもりは無くても、
素直に聞き入れなかったら、
結果的には同じコト。

学びも進歩も無く、
自分自身にマンネリしてしまう。

自分自信は特にそうなのですが、
「人間」は、
他人のフラットな意見を、
素直には聞かない生き物な様な気がします。
これはまた、
歳を重ねれば重ねるほど顕著に現れる症状ではないでしょうか。

つい先日、
お客さんでもあり後輩でもある、
畑違いの仕事をする人と、
お互いのビジネスについて、
アイディア探しみたいな話をしていた時のこと。

「先輩の会社で、こんなコンテンツを作ったら売れるんじゃないですか!?」

と言われたアイディア。

この話し、
いつかどこかで聞いた事が有るような話しダナ。
と思いました。

良く思い出してみると、
以前に、
上司から言われたビジネス企画のヒントがあって、
その答えに近い様なアイディアだったのです。

自分とは、
全く違った業種の後輩から、
まさか、
スマホやCMSを活用した、
インターネットビジネスのアイディアが聞けるとは思いませんでした。

何より勉強になったのは、
極めてシンプルな「解りやすい言葉」で表現していたことでした。

そのため自分には、
とても解りやすい「提案」に聞こえました。

こういう姿勢こそが、
凝り固まった今の自分に、
一番不足している事なのではないか。
と気付かされました。

これは自分の悪い癖ですが・・・。
お客さんとの会話でも、
必要以上に専門用語を多用するという、
実に身勝手で失礼な作法をしてしまうのです。

伝える言葉は、
簡単であれば簡単なほうが絶対に良い。

忘れないようにします。
メモメモ。

5月も後半になってしまいました。

今日から2~3日の間は、
七十二候では「紅花栄」(べにばなさかう)
というそうですネ。

wikipediaで調べて知りました。

勉強不足で意味がちゃんと理解できていませんが、
季節の区切りの考え方で、
二十四節気の中にある、
七十二候の言葉のひとつで、
初夏の季節を表すもの。

という事は、
72種類の、
季節を表わす「粋な」言葉がある。
と言う事ですね。

これを全部暗記したら凄いな。

ちょうど今の季節は、
紅花の「花」が、
黄色から赤色へ変化し始める期間なのだそうです。

紅花は初夏の季語の一つなのだそうです。

紅花は直に見たことが無いですが、
確かに巷の「緑」の色は、
十分に初夏を感じさせます。

ホテル浦嶋荘さんへ訪問したときの写真。

浦嶋荘

この場所は「道路より海抜のほうが高い場所」。
確かに、自分の足元より海面のほうが高いです。不思議です。

松島

松島2

初夏の「緑」と風が心地よかったです。




この記事のコメント

コメントを読む

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する


コメント内容

知らぬ間にwindows10にアップグレードされる件
[ No. 335 ]

googleの検索窓に、
ウィンドウズの頭文字である「W」と入れただけで、
上のほうにヒットしてくるwindows関係のページ。
その中でも上位にあるのは、
なんと、
「windows10勝手にアップロード」や、
「windows10アップロード回避」、
などというタイトルのページばかりです。

どうやら、
「今」の旬な話題は、
「windows10へのアップグレードがタダで出来る!」
では無くて、、
それの回避策や元に戻すお話し。
の様です。

本当に、
困っている人が多いみたいです。

確かに、
自分の身の回りの知人や、
お客さんから、
この話を良く聞きます。

勝手にアップグレードされてしまった・・・。
使いにくい。
という話しです。

最初にその話を聞いた時は、
まさか「勝手に」アップグレードされる訳がない。
と思いましたが、
自分のパソコンでも、
アップグレードの窓が出てきて、
放っておいたら勝手にバックアップが開始されそうになりました。
怖いですネ。
ボウッとしていられません。

誤解を招くといけないのでここで書いておきますが、
windows10はとても便利で快適です。
例えば、
起動時間が劇的に速くなったり、
「Cortana」というiphoneでいう「siri」の様な、
音声対話ができる機能があったりして便利な面も沢山あるのです。

個人的に一番良いと思っているところは、
windows8の解りにくいインターフェイスや引き出しを、
7に近いものに戻しているところです。
自分のノートパソコンは、
制作編集などのアプリは入れていない事から、
既にwindows10にしていてとても快適です。

ただし、
多くのアプリケーションでは、
まだ10には対応していない事もあって、
制作や編集用のパソコンは、
アップグレードの際は注意が必要です。

会計ソフトや、
基幹ソフトなどを利用している場合も同様ですね。

最悪の場合、
起動しなくなったり、
突然フリーズを起こしたりして仕事にならないのデス。
そういう訳で、
うちの制作現場でも、
Web制作やDTP制作のパソコンはまだアップグレードをしていません。

もしも、
知らぬ間にアップグレードになってしまった。
という場合は、
ウィンドウズメニューから、
簡単に元の戻せるらしいので、
慌てないで対処しましょう。

そこで、

ネット上で、
「予めアップグレードを回避する方法」を調べて、
やってみました。

こんな流れで簡単にできましたので紹介します。

お間違えの無い様に・・・。
これは、
元に戻すやり方では無くて、
予め「回避する方法」です。

1、ウィンドウズメニュー
検索の窓があります。
20160524_p1

そこに、
「ファイル名を指定して実行」と入力すると。

2、右側にこの様な画面が出てきます。
20160524_p2

3、ファイル名を指定して実行のところを押すと、
この様なポップアップが出てきます。
20160524_p3

名前のところに、
「regedit」と入力する。

4、そうすると、
「レジストリエディター」というものが開きます。
20160524_p4

その中の「WindowsUpdate」というホルダーを押すと、
右側に「DisableOSup…」というアイコンが出てきます。

5、「DisableOSup…」を右クリックして、
「修正」を選択します。
20160524_p5

6、DWORD(32ビット)値の編集というポップアップが出て来るので、
「値のデータ」のところに「1」と入力して完了です。
20160524_p6

最後に、
再起動が必要な様です。

ここが「0」になっているとアップグレードが開始されるそうです。

という事は、
元からの設定で自動アップグレードの状態になっている。
という事。
要注意ですネ。

「知らないうちにアップグレードしていたんダヨ!」。
「本当に何もしていないんダヨな」。

そんな話を聞いて、
まさかそんな訳は無いヨ。
初めはそう思いましたが。

本当の話しだったのです。

ウィンドウズのコマンドで、
そういう風に設定されているのだから、
何もしなかったら自動でアップグレードされる。
間違いない事実です。

自分でやってみて理解できた「事実」でした。

かなり大雑把な解説でしたが 笑
困っている人はお試しください。




この記事のコメント

コメントを読む

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する


コメント内容

認定こども園のホームページ
[ No. 334 ]

まだまだ通常的には「幼稚園」や、
「保育園」と呼ばれていますが、
最近、
正式名称が「認定こども園」に変更された幼稚園さんは多いと思います。

自分たちが、
ホームページをお預かりする、
「ゆりかご認定園」さんもその一つです。

この「認定こども園」とは何なのか?
については、
その年齢のお子様を持つ親御さんや、
幼稚園経営をされている当事者以外には、
あまり良く、
理解されていないのではないでしょうか。

自分も初めは、
何の事やら・・・、
良く解りませんでしたが、
お客さんのホームーページをお預かりしていたので、
理解できたようなものです。

ゆりかご認定園の先生によれば、
要約して言うと、
・幼稚園の機能と
・保育園の機能が
両方備わっていて。
更に、
地域事情や保護者の要請に応えて、
必要な「子育て支援事業」を行う事。
それが、
認定の条件なのだそうです。

簡単なコトではありませんネ。

幼稚園機能と保育園機能の両方を備える。
とありますが、
この両者は出発点が全く違うものなのだと教わり、
その大変さを理解することが出来ました。

そもそも管轄が、
文部科学省(幼稚園)と
厚生労働省(保育園)と違っていて、
幼稚園に求められる「教育」という概念が、
保育所には求められない。
という大きな実態があります。

ゆりかご認定園さんでは、
これを踏まえて、
きめの細かい幼児教育や保育事業を展開されています。

これは自分の所見ですが。

この地域に(太白区袋原)、
古くから根付いているため、
大きなシェアを獲得しており、
長年の信頼がベースにあることは事実ですが、
それに甘んずる事なく、
認定こども園への対応を努力されて来た事もあり、
信頼を維持しているのだと思います。

この事は、
他の認定こども園さんも同じだと思います。

と言う事は、
これまでとは違った「競争」が激化していく。
という事にも繋がるのだろう。
と思ってしまいます。

その分、
地域の人たちにとっては、
時間が掛かったとしても、
育児環境が、
確実に良くなっていく方向性なのだと思います。

「ゆりかご認定園」様のきめ細かな教育体制や、
保育環境については、
オフィシャルサイトに詳しく掲載しています。

スマートフォンの人にも、
解りやすいページを提供しています。

一度ご覧ください。

googleで、
「幼稚園 仙台 袋原」のキーワード検索で、
1ページ目に出てきます。(スマホも同じ)

▼学校法人清泉学園 幼保連携型認定こども園
ゆりかご認定園オフィシャルサイト
http://www.yurikagoyochien.jp/index.html
yurikago_pc

スマホ最適化ページ
yurikago_sp

余談ですが。

昨日は、
仙台市博物館で開催中の、
「黄金のファラオと大ピラミッド展」を観てきました。

ピラミッド展

ピラミッドについては、
歴代ファラオ(王様)のお墓。
くらいの知識しか無い自分。

一体これは、
何のために?
どうやって作ったのか?
などを知りたいと思っていたので、
この展示は前から気になっていました。

ピラミッドは、
紀元前から、
約3,000年の間に作り続けられたものだと言う事が解りました。
しかし、
あまりにも時空間が長すぎてピンと来ない。

一つのピラミッドが出来るまでに、
多くの時間と人手を費やしている事も理解できたが、
「何のため」なのかもピンと来ない。

壮大すぎてピンと来ない・・・。

当時は、
お墓を作る事は、
現代で言う「一大雇用創出」みたいな物だった。
という事で、
お役人さんの管理のもと、
様々な役割(職種)があったとされています。
「労働者にはパンとビールを支給する」
と、
象形文字で書かれている物の展示がありました。

農民の衣食住のために必要な「仕事」だった様です。

今の西暦ですら約2,000年ちょっとなのに、
3,000年もの間、
「何かが続く」という事に自分は果てしない謎を感じます。

良く分からない「謎」が多いほうが良い。

観に行って満足出来たので良いのデス。
面白かった。

 

追廻住宅跡の臨時駐車場に車を停めて、
そこから博物館までの道のり。

それだけでも見応えがあり結構楽しめます。

天気も良かったので緑も綺麗。

この敷地自体が仙台城跡、
ちょっとした史跡散策が楽しめます。

長沼1
▲長沼

長沼2
▲沼の向こう側に「石垣」が見えます。
城壁を囲む堀だった事が解ります。

長沼の亀
▲巨大なミドリガメが泳いでました。

石碑
▲よく読めないが軍関係の石碑。
100年前の古地図によると、
この辺りは「三の丸陸軍倉庫」となっていました。

五色沼
▲アイススケート発祥の地「五色沼」

茶室
▲旧姉歯家茶室「残月亭」
明治中期の書院風茶室だそうです。
中も見たいですね。




この記事のコメント

コメントを読む

現在、この記事へのコメントはありません。

コメントを投稿する


コメント内容