涼しげな風景をどうぞ

涼しげな風景をどうぞ


雪解けしたばかりの頃の小岩井農場

 

ここ最近は、仙台でも35℃が当たり前の毎日が続いております。
気温が高いうえに湿度も高いのでベタベタした感じがなおさら不快感を倍増させます。

この様な危険な暑さって、私が子どもの頃はあまりなかった様な気がします。
そもそも「熱中症」という言葉も無くて、
かわりに「日射病」とか言っていましたね。
日射病は今で言う熱中症と同じですよね。間違っていたらごめんなさい。

今日は冒頭で載せたような涼しげな風景写真を何点か載せてみました。
あとは自己暗示をかけてもらって、
少しでもサラサラな涼しい感覚になってもらえたら幸いです。

 


青根温泉で撮影してきたかまくら

 


松島湾の初日の出(底冷えする元旦です)

 


マイナスイオンの宝庫、猊鼻渓

 


春先の蔵王。真冬並みの寒さです。

以上、涼しそうな風景写真を並べてみました。

 
 
 

一年前の今頃に書いた記事で、
私の地元の田んぼを取り上げたものがあり、
これがまた懐かしくもあり、涼しそうだったので転載しました。
よかったら見てください。

 

★ここから一年前の話題です★

 

私の住んでいるところは、
泉区の端で宮城野区の隣です。

自分の地元なので、
泉区の松森だとばかり思っていましたが、
新たに宮城野区岩切だったと解った場所があります。
場所の名前も新宿(しんじゅく)だとばかり思っていましたが、
「にんじく」と読むことを地元に精通した人からTwitterを通して教えてもらいました。

IMG_1760
地元の田んぼの風景。

岩切も松森もとても古い町で、
この新宿は大正時代の地図にはもうすでに住宅地として載っていて、
地図を見る限りその頃と地形は変わっていない様な場所。

 

IMG_1633
大正時代の地図。
(風の時編集部とATR Creative Incの地図アプリ 大正仙台東西南北から抜粋しています)

田んぼの中に鬱蒼と繁る森。
外から見るとその中に家があるとは思えない風景で、
この場所には以前からとても興味を持っていました。

住んでいるところの目と鼻の先ですが、
今回はじめて足を踏み入れてみました。

 

場所はこの辺です。

 

IMG_0506
田んぼの真ん中の森が新宿。
早朝だったので朝霧がきれいでした。

 

IMG_1766
ここが新宿の入口です。
外観からは中に住宅がある様には見えません。

 

IMG_1761
森に入るとすぐにある「祠」。
ちょっと不気味というか雰囲気があるというか、、、

 

IMG_0517
静かに川が流れていて、やっぱり不思議な場所です。

ここから先は住宅地になっているため写真は控えました。

外から観ていて「スタンドバイミー」を連想させる怖さと静けさがありましたが、
実際に中に入ってみたら「トトロの森」でした。

要するにとても良い場所であるということです。

 

この辺の風景がとても画になるので、
少し写真を撮ってきました。

IMG_0513
サイクリングにもってこい。

 

IMG_0509
田んぼの畔と用水路。

 

IMG_0508
ザリガニ君がいましたよ。

 

IMG_0512
ミドリ色がとてもきれいなカエル君もお出迎え。

 

IMG_0522
近くにはこんな川が流れているのです。
とても良い風景。

 

IMG_0525
小路の脇には「木」の電信柱が。
懐かしすぎる風景。

 

IMG_1764
遠くに見えるのは松森工場の煙突。

 

IMG_0520
田んぼのポンプ小屋も雰囲気有ります。

 

こんな近くに素敵な場所があったのです。

IMG_0514
この辺の散策は晴天の早朝がおすすめです。

 

お終いです。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

今回の記事についてのご意見などは、
こちらのお問い合わせフォームからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。