古地図めぐり三十か所(追記)

古地図めぐり三十か所(追記)

仕事やプライベートで行った先で、気になったスポットがあればとりあえず地図アプリを起動してみる。
そうすることで、仙台市内であればいつでもどこでも簡単に時空を超えられるのです。
これが楽しくて癖になってしまっています。

100年前の地図から過去の佇まいを想像したり、
痕跡を確かめたりするちょっとした息抜きですね。

ただ一つだけ問題が、、、
気になった場所でスマホでパチリ、
地図アプリの画面をキャプチャリング。
とても楽しいのですが、ただただ画像がたまっていきます。
気が付けば膨大なデータ量に。

そこで、
先日思い切って写真を削除することにしたのですが、
その前に一部だけでも記録に残しておくことにしました。

今日はその時の写真たちを
「古地図めぐり」と題してまとめてみました。

 

ちなみに私が楽しませてもらっている古地図アプリは、
時の風編集部さんとNPO20世紀アーカイブ仙台さんなどが
制作販売している「仙台地図さんぽ」というもので、
大正元年に発行された仙台初の詳細地図です。

気になる方は検索して購入してみてください。

 

さて、
本題に入りますが2年間撮り溜めていたものなので、
場所と季節はランダムになります。ご了承ください。

三十か所に増えたので、
解りやすくインデックスを追加してみました。
それと、かなり重くて見難かったのですが、
画像を軽くして改善しました。


二十人町の入口付近
二十人町通り
宮城野原
清水小路
連坊小路
東六番丁(国道45号線)
仙台駅前(西口)
定禅寺通り
勾当台公園
県庁の18階から市役所の方向
市役所の前
仙台駅(東口)
外記丁
青葉城跡
中ノ瀬橋
三居沢発電所
仙台市歴史民俗資料館
岩切の田園
私の地元の田んぼ付近
深沼海岸付近(仙台市荒浜)
松森工場の付近
七北田川沿いのサイクリングロード(余目地区付近)
岩切の東河原付近
田子
資福寺(青葉区北山)
岩切の今市橋
福田町の梅田川
牛越橋(追記)
淀橋(追記)

 

一か所目 二十人町の入口付近。


仙台駅の方向から進んできて、榴ヶ岡公園の前まで登ったところの写真です。

 


昔とあまり変わってない感じがします。

 

二か所目 二十人町通り。


榴ヶ岡公園から仙台駅のほうにつながる道です。

 


今は大きく拡張されて広々した道路になりました。

 

三か所目 宮城野原


楽天生命パークがある場所です。

 


100年前はこうでした。

 

四か所目 清水小路


左側に五橋中学校が見えますが、その前の道は新しい道路。
東二番町通から清水小路に合流する形になっています。

 


昔は一本道だったようです。
あれ?この地図では五橋中学校ではなく東二番町小学校となっていますね。
調査が必要ですね。

 


ちなみにこちらは連坊小路の角にあるダルマさんです。
年齢層にもよりますが仙台では結構認知度が高いダルマさんなんです。

 

五か所目 連坊小路


なんでもない風景ですが。

 


地図アプリを起動してみると、、、。探求心をくすぐる発見があったりします。
この場所はかつて銭湯か温泉だった様です。(有馬湯とあります)

 

七か所目 東六番丁(国道45号線)


解り難い写真ですがお解りいただけますでしょうか?
東六番丁小学校の横の陸橋です。

 


この頃にはすでに学校・陸橋・線路があったようです。

 

八か所目 仙台駅前(西口)


この場所でキャプチャリング。(仙台駅屋上のパーキングから)

 


お。青葉通りがまだありませんね。

 

九か所目 定禅寺通り


聖公会を発見。今も現存しているものを見つけるとホッとします。妙に嬉しくなります。

 


車が居ません。貴重な写真です。(ジャズフェスの時に撮ったので)

 


いつもの定禅寺通りの風景。

 


エレクトロンホール前

 


大渋滞。これが普段の定禅寺通りです。

 

十か所目 勾当台公園


勾当台公園から宮城県庁を見上げています。
この場所にはかつて病院があった様です。

 


道路の向こうにはお寺も。(大聖寺)

 


これは最近の勾当台公園。

 


銀杏並木が綺麗ですね。

 


青空とのコンビネーションもとても綺麗なのですが、地面を見ると、、、

 


こんな感じです。いい匂いがします(笑)

 

十一か所目 県庁の18階から市役所の方向


上から見ると解りやすい。

 


写真と古地図が気持ちよくフィットしています。

 


勾当台公園側。

 


こちらは北側。泉ヶ岳や七ツ森が観えます。

 

十二か所目 市役所の前


現在の仙台市役所

 


あまり変わっていない様な気もします。

 


昭和の初めの頃の写真を見ると面影が残っています。

 


表小路の道標です。
今の東二番町通り(市役所前の大通り)はかつて「勾当台通り」と称されていたのですね。

 

十三か所目 仙台駅(東口)


消毒所とあり、気になって少しだけ調べました。
明治時代の津波災害のときにこの消毒所が大活躍したそうです。

 


現代の地図だとこうなります。

 


この辺にあった様です。

 

十四か所 外記丁


宮城県庁付近です。外記丁(げきちょう)と交差して長刀丁(なぎなたちょう)という所があったのが解ります。

 


この場所です。

 


近くの有名だんご屋さん。佇まいがいいですね、昭和遺産に認定!

 

十五か所目 青葉城跡


お城に上ってくる道は昔のままです。

 


るーぷる仙台が上ってきます。

 


晴れた日は太平洋まで一望できます。
この写真を撮った日は「仙台空襲」があった7月10日でした。
それが理由なのかいつになく人が賑わっていました。

 

十六か所目 中ノ瀬橋


大工町のほうから河原に降りてみました。

 


川の形状は昔と同じだと思います。

 

十七か所目 三居沢発電所


明治41年に作られたとありました。

 

 


カーバイトって何だろう?

 


用水路も昔のままです。

 

十八か所目仙台市歴史民俗資料館


この場所はかつて歩兵第四連隊あった場所。
これは私も知っていました。

 


当時の兵舎が仙台市歴史民俗資料館になっています。

 

十九か所目 岩切の田園


この砂利道は100年前からそのままなんでしょうか。

 


季節ごとにいろいろな表情を見せてくれます。

 


ジャリっと、、、。砂利道って歩いた時の感触がなんとも言えません。

 


道路の形状といい畑や田んぼの配置といい今と同じです。
なんだかワクワクします。

 


ススキの群生地でもあります。

 


田んぼ側はこんな感じのロケーションです。

 

二十か所目 私の地元の田んぼ付近


新宿と書いて「にんじく」と読むそうです。

 


ここも地形的に昔のままだと思います。

 


夏はヒグラシの大合唱になる森です。

 


森の中には川が流れています。古地図にも川が記されていますね。

 


ザリガニのパラダイス。スルメですぐに捕まえられます。

 


春先から夏にかけていろんな生き物を見ることが出来ます。

 

二十一か所目 深沼海岸付近(仙台市荒浜)


貞山堀は昔のままです。しかし町はもうありません。

 


橋の袂でキャプチャリング。
この地図アプリ、精度の高さには驚きます。

 


「深沼橋」100年前にはすでにここにありました。

 


何事もなかったかのような静けさですが、長きにわたる「何か」を訴えてきます。

 


海水浴場の入口から仙台市内の方向を見ています。

 


同じ場所の写真です。

 

二十二か所目 松森工場の付近


お馴染みのサイクリングコースです。

 


用水路。

 


用水路は昔からあるんですね。

 


松森工場の夕暮れ。

 

二十三か所目 七北田川沿いのサイクリングロード(余目地区付近)


この道も100年前からあるのでしょうか。

 


この場所で地図アプリを起動。

 


ヤツメウナギが生息していたとは驚きです。

 

二十四か所目 岩切の東河原付近


七北田川のもっとも川幅が広いと思われる場所です。

 


鉄橋と東北本線が既にあります。

 

二十五か所目 田子


いつも使う狭い道。この道が旧道なんですね。

 


土手沿いの道から田子の橋(橋の名前が解りません、ごめんなさい)のほうを見ています。

 


橋を通過。渡りきったところに祠がありました。

 


地図にも祠があります。

 

二十六か所目 資福寺(青葉区北山)


お寺だけにこちらも昔のまま変わっていないようです。

 


紫陽花寺として有名な資福寺です。

 


幼少の頃はこの風景を見ながら遊んでいました。
その頃と変わっていません。

 

二十七か所目 岩切の今市橋


地図で見ると橋の架かる位置が今とは少し違っていますね。
道路も今のように直線ではなかった様です。

 


今市橋。

 


バス停。

 


お気に入りの木製電柱があるのはこの場所です。

 


現役で頑張っています。この土手を降りると、、、

 


釣りにちょうど良い護岸になっています。

 


毎年帰って来てくれる白鳥たち。

 

 


塩釜街道。昔からある七北田のほうから塩釜に続く道路です。

 

二十八か所目 福田町の梅田川


七北田川と梅田川の合流地点。

 


階段を登り土手へ。

 


夕暮れにはこんな風景が見れます。

 


上の写真はこの橋の上から撮ったものです。

 


昼間はこんな感じです。

 

二十九か所目 牛越橋(追記)


山居沢発電所の下にある橋です。

 


調べてみて初めて知りましたが、
仙台城の石垣の石を運ぶ際に、牛に引かせてこの場所を渡ったのが名の由来だそうです。

 


秋には芋煮会の人で賑わいます。

 

三十か所目 淀橋(追記)


地図のポイントの場所に昔の橋の土台が残っていました。
ちょっと感動しました。

 


これです。恐るべし古地図の精度。位置関係がばっちり合います。

 


高校生の頃は毎日渡りました。(母校仙台商業は今は泉区に移りました)

 

以上二十八か所から追記して三十か所になりました。

 

はじめは写真の整理(削除)が目的でしたが、
これを書いているうちに削除するのがもったいなくなってきたので、
CDかなにかに保存しておくことにしました。

今回はただ写真を並べただけの質素なものでごめんなさい。
今後はそれぞれの場所についてもう少し調べて、
分かったことを追記して行こうと思います。

 

最後まで見ていただきありがとうございます。

ここに載せた場所についての詳しい情報を
お持ちの方はお知らせいただけると嬉しいです。

その際はこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

TwitterからでもOKです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。