じもとの写真で今年を振り返る。

じもとの写真で今年を振り返る。


今年の冬最大の寒波が到来しております。
今朝は仙台も氷点下の朝を迎えました。
昨夜から積雪になるのが解っていても、どうも慌ただしい朝になってしまいがちです。
道路が凍てついていて、スリップ事故をいくつか目にしました。
これを書いている昼下がりの今も、気温は朝と同じ-1℃です。
明日からはもっと寒くなりそうですね。

 

12月になったばかりの印象で毎日を過ごしていましたが、
早いもので今日が仕事納めになってしまいました。
今日はこの一年をじもとの写真で振り返って見たいと思います。

写真だけで次々いきたいと思います。

 


春先のじもとの田んぼ

 


まだ咲いたばかりの頃です。後ろには松森工場の煙突。

 


桜が開花しはじめると咲いてくるスイセン。
ワタシのほうが綺麗だよと訴えてきます。

 


水辺には生体反応が出はじめる時期です。

 


春先の風景はまだ茶色です。

 


梅田川のユリカモメ。近づいても逃げなくてかわいい。

 


我が家のもスイセンの花が。嬉しい。

 


高清水のスイセン。画になりますね。

 


何処だか忘れましたが古戦場らしいです。

 

季節は進んで、桜満開の時期です。

 


梅田川と七北田川の合流地点に咲く桜です。

 


この時期になると葉っぱが茶色から緑に変わり始めます。

 


少し早めですが、つくしも顔を出し始めます。

 


多賀城史跡。草原が綺麗です。

 


梅田川。
写真では確認できませんが大型の鯉がたくさん泳いでいました。

 

さらに季節はめぐり、GWの頃です。

 


じもとの風景もだいぶ緑色になってきます。

 


いい季節です。

 


5月にはいると田んぼに水が敷かれ田植えの準備が始まります。
田んぼのいい匂いがし始めます。

 


七北田川もいい感じの緑に。

 


緑と青、太陽の匂い。仙台城跡です。

 


遠目に見える仙台港。

 


るーぷる仙台が仙台市内を背景に登ってきます。
素晴らしい風景です。

 

季節は初夏へ。

 


この時期のじもとの田んぼが一番好きです。

 


畑にも苗が植えられています。

 


いう事ない青空です。


ちなみにこれは今朝の同じ場所です。
夏と冬ではこんなに表情が違うんですね。

 


これが夏。


これが今日。まるで極寒のイルクーツクです。

 


今市橋の近くの木製電柱。いつまでも無くならないでくれ。

 


資福寺の紫陽花。

 

そして季節は完全に夏になりました。

 


塩釜港。サバ釣りの下見に行った時の写真です。

 


こんにちはポーポー。

 


大久保製菓さんのかりんとうがが大好き。
7月頃に買いにいきました。

 


ついでにコレも。

 


蜂にご注意。

 


イナゴとともに。

 

 


釣りしたいな~。

 


7月10日は仙台空襲があった日。
仙台市役所にも七夕飾りがお目見えです。

 


その昔、市役所前の道を表小路と呼んだそうです。

 


仙台駅屋上駐車場から青葉通り。

 


100年前の古地図にトレース。

 


仙台駅の七夕飾り。

 


ここの冷やし中華が最高に美味しいです。

 


夏のある日。
テグス糸と昨夜の残りのスルメを持って田んぼへサイクリング。

 


ここだけ涼しい。天然のエアコン地帯。

 


疑似体っぷりが凄い。

 


がんばれ。

 


さてとザリガニ釣りに挑戦です。

 


ザリガニ採りなんか朝飯前だった子供時代が眩しい。
一匹も釣れませんでした。

 


中ノ瀬橋の下に降りてみました。

 


懐かしい。定進堂のハムカツパン。

 


澱橋。ここでも古地図遊びを。

 


古い橋の土台です。


地図アプリの精度の高さに驚く。

 


サバの大漁です。

 


眼がかわいい。

 


ミヤマクワガタ採集。in石巻

 


くすぐったさが童心に戻してくれます。

 


全力で威嚇してくるノコギリクワガタ。

 

 

 

 


お。

栗のいがを拾って秋の到来に気が付く。

 


まだ夏だと思ってたよ、栗くん。

 


人の気配が全くない岩手県の高原。

 


刈り取りを待つ稲穂たち。

 


気仙沼から今年の初物さんまが届きました。
どうですか、この銀色の輝き。
脂がのって美味しかったです。

 


じもとの田んぼの日が落ちます。
秋の夕暮れです。

 

 


梅田川の夕陽です。

 


七北田川に鯉釣りのおじさん。

 


ポンプ小屋。鶴ケ谷方面を見ています。

 

秋から冬の入口へ。

 


いつの間にやら群生しているススキ。
ススキを見る頃になるとだいぶ肌寒くなる仙台。

 


郷愁そのもの。

 


籾殻を焼く煙の匂い。堪りませんね。
この煙で燻製を作ったら絶対に美味しい筈と前々から睨んでいます。

 


水面に映る梅田川の空。

 


ニャンコ先生~!

 


閖上のあんどん松。

 


若林区荒浜の田園から西の方角を見ています。
遠くに見える光は仙台市内。

 


晴れた朝は放射冷却で急に冷え込みます。

 


朝7時でこの暗さです。
ついに冬本番ですね。

 

以上。季節の移ろいをダイジェストで並べてみました。

最後まで見てくださりありがとうございました。

 

ご意見やコメントをもらえたら嬉しいです。
こちらのお問い合わせフォームからお願いします。

TwitterのDMやコメントでもOKです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。