桜の蕾

桜の蕾


榴ヶ岡公園の梅です。(今年のです)
梅は満開でしたが桜の蕾はまだ小さかったです。

 

最近ではツイッターのフォロワーさんからもコメントがもらえる様になりました。
このブログとTwitterでの書き方や雰囲気が、
Twitterとは全然違うといったご意見もあり、
私の中では初めての「気づき」でした。
頂いたコメントはとても学びになります。ありがとうございます!

 

関東以南では桜が開花がもうすぐのところもありますが、
ここ東北ではまだまだ他人事です。
お隣の岩手県の北上市では昨日積雪になったというお話も聞きいたくらいです。

私自身、良く考えてみると、
桜や梅の花が咲いたところを、
じっくりと眺めたことがあまりない様な気がします。
満開と同時に大雨や強風が吹いたりして、
あっという間に花が散っている印象が強いです。

一気に散ってしまうよりは、開花を待つ「今」のほうが期待できて多幸感を噛みしめられます。
満開時期になってしまうと、
「桜ももうお終いだな」と勝手に淋しい気持ちに落ち着いてしまいます。
そして何より桜が咲く時期は沢山の出会いやお別れがやってきますね。
どちらかというとお別れのほうが多い様な気もします。
このなんとも言えないモノ淋しさを桜の花に感じるのは私だけですかね。
典型的なマイナス思考ですね、その考えはダメだなと自分でも思います。

日本人なら誰しも、
綺麗で癒される事うけあいの桜の花ですが、
私はそんな風にいろいろとシュールな考えになってしまうので、
好きなのか嫌いなのか良く解らなくなってしまいます。

このあたりの心理が、
日本人ならではの風情なのかなぁ、とも思えます。
しかしこれを言葉にしたり、
描写するのはとても難しいいですね。

 

さて、
今回は桜満開の写真を使って、
またアナログ時計を作ってみました。

場所は岩手県北上市の「展勝地」です。

 

 

使用した風景写真はこれです。(去年のです)

 

ちなみにこれは北上川にかかる鯉のぼり。

この展勝地にはレストハウスがありまして、
私はそこの蕎麦が大好きです。

 

そしてこんな感じになりました。

ブログ用なので少し大きく作りました。
実際にはもう少し小さいほうが良いですね。

 

ソースを載せますので、
コピーしてお使いください。


<iframe src="https://www.hp-omakase.com/analog_clock/clock4/" width="320" height="320" frameborder="0" scrolling="no"></iframe>

 

文字盤の色や時計のサイズはいくらでも変更できます。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

今回のアナログ時計についてのコメントやご要望など、
いただけると嬉しいです。
その際はこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。